2013年09月29日

ナイゲン三日目終了しまして、今日は四日目!

おはようございまーーす!!塩原俊之です。

本日はナイゲン四日目でございます!

昨日は会場が揺れるほどの笑い声を頂いてめっちゃうれしかったです!ご来場ありがとうございましたー。



連日沢山のお客様にこの作品を観て頂いて本当うれしいです。

写真 (1).JPG
差し入れも沢山頂いてます。本当ありがとうー!
大好物のから揚げ頂いちゃいました!くっそ美味かった!


さて、今日は前半日程最終日ということで昼、夜の2ステです。

たくさんのご来場、お待ちしておりますー!


----------------------------------------
アガリスクエンターテイメント
18th「ナイゲン」@新宿シアターミラクル

2013/09/26(木)〜10/08(火)

■概要■
傑作青春会議コメディ、待望の再々演。

アガリスクエンターテイメントが2006年に初演、2012年に再演して、演劇クチコミサイト“CoRich舞台芸術アワード2012!”で約7000公演中第8位に入賞した本作を、沢山のアンコールにお応えして再々演。
好評だった2012年版のストーリー・キャストはそのままに、戯曲をさらにブラッシュアップ、より臨場感溢れる演出で、全員続投の出演者が前回を超えるグルーヴでお届けする、高校生・青春・群像・会議・ワンシチュエーション・コメディの決定版。

■あらすじ■
会議は、まだ終わらない

かつては自主自律を旨とし生徒による自治を誇っていたが、今はそんな伝統も死に絶えた
どこにでもある進学校、国府台高校。
ある夏の日、唯一残った伝統にして、やたら長いだけの文化祭の為の会議“ナイゲン”は、
惰性のままにその日程を終わろうとしていた。
しかし、終了間際に一つの報せが飛び込む。
「今年は、1クラスだけ、文化祭での発表が出来なくなります」
それを機に会議は性格を変え始める。
―――――どこのクラスを落とすのか。
かくして、会議に不慣れな高校生達の泥仕合がはじまった…!


■タイムテーブル■
9/26(木)19:30★
9/27(金)19:30★
9/28(土)14:30★/19:30★
9/29(日)13:30★/18:30★
9/30(月)休演日
10/1(火)19:30
10/2(水)14:30●/19:30
10/3(木)19:30
10/4(金)14:30●/19:30
10/5(土)14:30  /19:30
10/6(日)13:30  /18:30
10/7(月)19:30
10/8(火)14:30

チケットのご予約はコチラから
http://ticket.corich.jp/apply/45719/005/

[一般]
予約券:2,500円/当日券:2,900円
[前半料金★]
予約券:2,000円/当日券:2,400円
[平日昼料金●]
予約券:2,000円/当日券:2,400円
[高校生料金]
予約券:1,000円/当日券:1,000円
※高校生以下の児童生徒にも適用。要学生証提示

[貧民割引]
当日受付にて「貧民です」と申告すると500円引き
※9/15(日)までにご予約のお客様対象
[リピーター割引]
本公演の半券をお持ちのお客様は500円引き

■キャスト■
淺越岳人
鹿島ゆきこ
塩原俊之
沈ゆうこ
(以上アガリスクエンターテイメント)
榎並夕起
金原並央
甲田守
さいとう篤史
斉藤コータ(コメディユニット磯川家)
信原久美子(コメディユニット磯川家)
長谷川一樹(ToricoRollCake)
細井寿代
矢吹ジャンプ(ファルスシアター)

■リンク■
特設サイト
http://naigen2013.agarisk.com/

劇団HP
http://www.agarisk.com/

チケット予約フォーム
http://ticket.corich.jp/apply/45719/005/

予告動画
http://www.youtube.com/watch?v=O7dl6rCHkUQ

2012年版ナイゲン本編動画
http://www.youtube.com/watch?v=Kw8uye0XeSQ


posted by しーおー at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイゲン2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

ナイゲン初日、二日目と終了しました!

こんばんは、塩原俊之です!

ナイゲン初日、二日目と無事終了いたしました!
ご来場ありがとうございました!

何度も言うようですがやはり劇場にお客さんが入って、たくさん笑って頂いて、初めてコメディというものは成立するなと実感いたしました。

たくさんのお客さまが一緒にナイゲンを作っているんだな、としみじみ感じております。

さて、2/18ステージが終わったところですがまだまだ先は長いですね。

写真でも載せようと思ったんですがこれまたあんまり撮ってないんですよね…

写真.JPG

今日の劇場での稽古風景。細かいところをいじってます。

そういえば細井さん以外の女優さん全員がパーカーでした。寒くなってきたからねぇ。



明日からは怒涛のマチソワ二連発、頑張ります!

----------------------------------------
アガリスクエンターテイメント
18th「ナイゲン」@新宿シアターミラクル

2013/09/26(木)〜10/08(火)

■概要■
傑作青春会議コメディ、待望の再々演。

アガリスクエンターテイメントが2006年に初演、2012年に再演して、演劇クチコミサイト“CoRich舞台芸術アワード2012!”で約7000公演中第8位に入賞した本作を、沢山のアンコールにお応えして再々演。
好評だった2012年版のストーリー・キャストはそのままに、戯曲をさらにブラッシュアップ、より臨場感溢れる演出で、全員続投の出演者が前回を超えるグルーヴでお届けする、高校生・青春・群像・会議・ワンシチュエーション・コメディの決定版。

■あらすじ■
会議は、まだ終わらない

かつては自主自律を旨とし生徒による自治を誇っていたが、今はそんな伝統も死に絶えた
どこにでもある進学校、国府台高校。
ある夏の日、唯一残った伝統にして、やたら長いだけの文化祭の為の会議“ナイゲン”は、
惰性のままにその日程を終わろうとしていた。
しかし、終了間際に一つの報せが飛び込む。
「今年は、1クラスだけ、文化祭での発表が出来なくなります」
それを機に会議は性格を変え始める。
―――――どこのクラスを落とすのか。
かくして、会議に不慣れな高校生達の泥仕合がはじまった…!


■タイムテーブル■
9/26(木)19:30★
9/27(金)19:30★
9/28(土)14:30★/19:30★
9/29(日)13:30★/18:30★
9/30(月)休演日
10/1(火)19:30
10/2(水)14:30●/19:30
10/3(木)19:30
10/4(金)14:30●/19:30
10/5(土)14:30  /19:30
10/6(日)13:30  /18:30
10/7(月)19:30
10/8(火)14:30

チケットのご予約はコチラから
http://ticket.corich.jp/apply/45719/005/

[一般]
予約券:2,500円/当日券:2,900円
[前半料金★]
予約券:2,000円/当日券:2,400円
[平日昼料金●]
予約券:2,000円/当日券:2,400円
[高校生料金]
予約券:1,000円/当日券:1,000円
※高校生以下の児童生徒にも適用。要学生証提示

[貧民割引]
当日受付にて「貧民です」と申告すると500円引き
※9/15(日)までにご予約のお客様対象
[リピーター割引]
本公演の半券をお持ちのお客様は500円引き

■キャスト■
淺越岳人
鹿島ゆきこ
塩原俊之
沈ゆうこ
(以上アガリスクエンターテイメント)
榎並夕起
金原並央
甲田守
さいとう篤史
斉藤コータ(コメディユニット磯川家)
信原久美子(コメディユニット磯川家)
長谷川一樹(ToricoRollCake)
細井寿代
矢吹ジャンプ(ファルスシアター)

■リンク■
特設サイト
http://naigen2013.agarisk.com/

劇団HP
http://www.agarisk.com/

チケット予約フォーム
http://ticket.corich.jp/apply/45719/005/

予告動画
http://www.youtube.com/watch?v=O7dl6rCHkUQ

2012年版ナイゲン本編動画
http://www.youtube.com/watch?v=Kw8uye0XeSQ
posted by しーおー at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイゲン2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

ナイゲンについて、軽く。自分の役「どさまわり」について。

ちょっと寝る前にもうひと記事。

ナイゲンについては語りたいことが山ほどあって、もうそれこそ書いたら書ききれないのでちょこっとだけ。

じゃあ自分がやる「どさまわり」さんについて。
ネタバレとかはこちらとしては全く気にしないのですが、もし観劇前に情報入れたくない!って方は一応見ない方がいいかもです。と言っても書いてあるのは2012年版のことで、2013年版ではほとんどカットされてるラインの話なので全然大丈夫だとは思いますが一応(笑)



彼は高校大好き!文化祭ももちろん大好き!で生徒による自治、自主自律を校訓とした国府台高校が国府台高校らしくあることが絶対だと信じる原理主義者。
去年の2012再演バージョンで初めて演じた時の彼は、もうそれこそ自分のリアル高校時代とはかけ離れた存在でして、最初に台本を持った時はなかなかに困惑した部分も少なからずありました。まぁそれは稽古をしていくうちに自分でも彼の事を理解できるようになったんですが。

んで、そのどさまわりさんを演じる上で参考、じゃないですけど勝手に自分の中でコイツだ!って思ってたのが漫画「戦国自衛隊」の主人公の伊庭三等陸尉でした。

戦国自衛隊ってのはどんな話かってと、その名の通り戦国時代に自衛隊がタイムスリップしちゃう話なんですね。しかしその戦国時代というのは自分達の知っている歴史の認識とは微妙なズレを持って存在している事に気付きます。
現代の圧倒的な火力を持って彼らは数々の戦を勝ち抜くのですが、元いた時代にも戻れず、次第にガソリンや弾などの物資も切れかけてきた中、主人公の伊庭はこう考えます。
「自分達は何の為にこの時代に飛ばされて来たのか?時は自分達に何をさせようとしているのか?」
そしてクライマックス、妙蓮寺にて部下の細川に叛乱を起こされ、自決を決心し自分の頭を銃で打ち抜くその瞬間に伊庭は全てに気付くのです。
この時代は自分らが元いた世界とは微妙なズレがあった。しかし自分達がこの時代で戦い生きることで、元いた世界の歴史、自分達がよく知る戦国時代へとズレを、タイムパラドクスを修正していたのだと。そして自分自身が、元の世界にいてこの世界にいない、歴史上の重要人物を埋める役割をしていたのだと。

「俺は…俺は………信長だーーーーーっ!」



とまぁザックリ話すとこんな感じのお話なのです。

さてお話はナイゲン2012に戻りまして。

どさまわりさんは過去の伝説のナイゲンについて語ります。校長から理不尽な要求をされたにも関わらず、生徒達の自治とそれを取り巻く行動で校長の要求を払いのけた何年も前の伝説のナイゲンの話を。
彼はそのレジェンドに自分もなれると信じていました。
しかし時代は移り変わり現代、伝説のナイゲンを目指す彼の要求は皆には納得されず、むしろ孤立し対立する存在になってしまう。
そして気付くのです。俺がなりたかった伝説のナイゲンはむしろ俺以外の皆。そして俺は…俺はあの時の校長だ、と。

こんな感じの構図が、戦国自衛隊の伊庭さんによく似てるなーと勝手に思い、勝手に参考にしていたのでした(笑)
まぁこれはあくまで2012年版の話なんですが。



そして1年経って今年。
ここら辺のラインを示すセリフはほとんどカットされて、また違う構図が浮かび上がっています。

その構図を受けて、今年のどさまわりは映画「逆襲のシャア」のシャア・アズナブルをこれまた勝手に参考にしてます(笑)
もう何のこっちゃって感じで全く伝わらないとは思いますが、まぁあんま気にしないでくださいw

とりあえず言える事は、グラサンもかけないし金髪でもないし通常の三倍の速さでも動かないので安心して楽しんでください、って事です。モノマネもしませんので大丈夫ですw

あぁもう眠いのでこんなとこにしときます。
夜中は文章がグダグダになっちゃうけど許しておくれ〜。

ではまた明日以降、劇場でお待ちしております!
posted by しーおー at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイゲン2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログの記事は塩原個人が書いております。 掲載された記事に何か問題がありましたら、お手数ですがt_shiobara(あっと)agarisk.comまでご連絡ください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。